歯周病

GBT(ガイデッド・バイオフィルム・セラピー)について

歯や歯肉を傷つけず、痛みも少ない効果的な予防処置

GBT

GBT(ガイデッド・バイオフィルム・セラピー)とは、EMS社によって提唱されている、バイオフィルム(お口の中の細菌が集まって作られた細菌膜)の除去を目的とした予防処置です。

これまで一般的とされてきた予防処置は、歯石や歯への着色を除去することを目的としたものでした。しかし近年の研究により、虫歯や歯周病は、歯の表面に付着したバイオフィルムが引き起こす感染症だということがわかってきました。歯石や着色よりもバイオフィルムに注目して処置をする方が、より効率的でかつ効果的な予防処置になるのです。

GBTではバイオフィルムをしっかりと目に見える状態にして効率的に処置をしていきます。そのため、器具による歯への不必要な接触を極力減らすことが出来ます。結果として、歯のエナメル質や象牙質、または歯茎などにとってとても優しくバイオフィルムを除去していくことが出来るのです。従来のスケーラー中心にカリカリと歯石を削っていく予防処置が苦手だと感じていた方は是非ともGBTをお試し頂ければと思います。

GBTと従来のクリーニングの違い

1.歯や補綴物を極力傷つけない

従来のクリーニング用の器具(超音波スケーラーなど)による処置は、場合によっては歯やインプラントなどを傷つけてしまうことがありました。そうした傷がついてしまうとインプラントなどは耐用年数に問題が生じることがあります。天然の歯であればエナメル質に傷がつき、痛みが生じたり、その傷が原因で虫歯が発生する可能性もあります。

GBTではエアフローという器具を主に使用し極力器具が直接歯に触れることがないように処置をしていくため、歯やインプラントを傷つけることなく、バイオフィルムや歯石のみを除去していくことが出来ます。

顕微鏡で処置後の歯を見比べてみるとその差は明らかです。

GBTと従来のクリーニングの違い

2.治療時間が短縮される

GBTはバイオフィルムを染め出しして行うため、従来のクリーニングに比べて正確で的確な処置が可能となりました。また必要なポイントに必要な処置のみをしてくため、治療時間が圧倒的に短縮され、患者様にかかる精神的・身体的な負担が少なくなりました。

使用機器について

エアフロー プロフィラキシス マスター

GBTは、EMS社がGBTに基づいて開発した最新機器「エアフロー プロフィラキシス マスター」で使用します。こちらの機器を使用することによって、歯や歯肉に余計な負担をかけることなく処置をすることが出来ます。

GBTの流れ

1.口腔内の診査・診断

口腔内の診査・診断

洗口液で口をゆすいだあとに、歯・歯茎などの歯周組織、またインプラントを埋入している場合はインプラントとその周囲の組織を調べます。

2.バイオフィルムの染め出し

バイオフィルムの染め出し

通常肉眼では確認することが出来ないバイオフィルムを染め出しして視認出来るようにします。それによって患者様が、どこをどれくらい処置する必要があるかを確認して頂くことが出来ます。

3.患者様への情報提供

患者様への情報提供

現在のお口の中の状態を説明し、予防の重要性についてご説明させて頂きます。また、歯磨き指導などを通して、患者様ひとりひとりに合わせたメインテナンス方法をご提案いたします。

4.エアフロー

エアフロー

歯肉より上、または4mm以下の歯周ポケットに付着しているバイオフィルムと歯石とステインを除去していきます。

5.ペリオフロー

エアフロー

4mm以上9mm以下の深さの歯周ポケットに付着しているバイオフィルムを除去します。

6.残った歯石の除去

残った歯石の除去

エアフローやペリオフローでは取り切れなかった歯石を除去していきます。

7.最終チェック

最終チェック

バイオフィルムや歯石の取り残しがないか最終チェックをします。また虫歯の有無を医師がしっかりと診断し、問題なければフッ素を塗布して歯を保護します。

8.定期検診のご予約

定期検診のご予約

GBTは定期的に行うことを最大限の効果を発揮いたします。いつまでも健康な歯を保ちましょう!

※これまでのメインテナンス同様、保険診療内で行います。
※歯石の付着状況により、超音波などの手用器具を使用する場合があります。
※呼吸器系の疾患がある方や、口腔内の状況によっては使用できない場合があります。

医院へのお問い合わせ。TEL:0465-32-5585。メールでのお問い合わせはクリック。