• 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科治療
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • インプラント治療
  • 審美歯科治療
  • 治療費用
  • 医院案内
  • お問い合わせ

歯周病

歯周病治療について

20歳以降の日本人の、実に70%以上がかかる疾患=歯周病

年代別歯周病にかかっている人の割合

歯周病とは歯の周りにある歯肉や歯槽骨=歯周組織に起こる疾患です。歯垢の中にある細菌が歯周組織を攻撃すると、それらの組織は細菌から身体を守ろうとし、歯肉を腫らしたり歯槽骨を吸収するという反応を起こします。この状態のまま歯垢を除去せずにしておくと、細菌の侵食と歯周組織の防御反応が相俟って、Wパワーで歯周組織が破壊されることになり、歯が抜け落ちる事態になってしまうのです。

こんな恐ろしい病(歯周病)について、多くの方はなんとなくの知識を持っていると思います。テレビのCMなどでも、頻繁に歯周病対策の歯磨きなどが宣伝されていますので。

しかし、この歯周病、実は対岸の火事といったような他人事の疾患ではありません。上のグラフでも示されている通り、なんと20代以降の日本人の7割以上が、程度の差こそはあれ、歯周病にかかっているのです。

沈黙の病、歯周病

「20代以降の日本人の7割以上」と言ってもピンと来ない方もいるでしょう。自分はかかっていないし、周りにもかかっている人がいないのに、7割以上というのは少し誇張した数字と思われるかもしれません。しかし、この点こそが、歯周病が非常に恐ろしい病たる所以といってもいいでしょう。

歯周病は、その進行の段階で虫歯のような激しい痛みが出ることはありません。ですので、痛みという歯医者へ向かうきっかけがないため、ずるずると進行を進めてしまう方が沢山いらっしゃるのです。自覚症状が全くないというわけではないのですが、知らず知らずのうちに症状が進行するという意味で「沈黙の病」と言っても過言ではないと思います。そうした病気であることをしっかりと認識し、早めの対処をすることをオススメします。

医院へのお問い合わせ。TEL:0465-32-5585。メールでのお問い合わせはクリック。