• 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 予防歯科治療
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • インプラント治療
  • 審美歯科治療
  • 治療費用
  • 医院案内
  • お問い合わせ

お知らせ

5周年を迎えました。

2018/03/22

IMG_2093

IMG_2094

 

ほんごう歯科診療室 髙島です。

おかげさまで、今月、開院5周年を迎えることができました。

お祝いに、ケーキをいただきました

高野さん、S様、おいしいケーキをありがとうございました。

嬉しくて、涙が出そうになりました

無事6年目を迎えられるのも、地域の皆様方、一生懸命頑張ってくれているスタッフのおかげです。

ケーキを食べながら、あっという間に過ぎた5年間を振り返るとともに、

たくさんの支えてくれた方たちに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

休診日の変更のお知らせ

2017/03/16

休診日の変更のお知らせです。
通常水曜休みですが、4月5日(水)は診療いたします。
4月6日(木)は研修のため、休診とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

休診日のお知らせ

2016/05/30

6月21日(火)~6月23(木)研修のため、お休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

3周年

2016/03/20

ほんごう歯科診療室は、今年3月、開院3周年を迎えることができました。これも、皆様とのご縁のおかげであり、心より感謝申し上げます。
これからも、笑顔とコミュニケーションを大切にし、より安全で質の高い医療を実践していきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

                                ほんごう歯科診療室 スタッフ一同

販売品、予防グッズのリニューアル

2015/04/08

DCIM0087

ほんごう歯科診療室 高島です。

この春より、ほんごう歯科診療室では、販売品、予防グッズのコーナーがリニューアルしました。

スタッフがミーティングを重ね、効果的で、使いやすい商品を選別し、より分かりやすくなるように

作ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊次郎とさき

2015/02/23

ほんごう歯科診療室、高島佐恵子です。

先日、新川文化ホールにて「菊次郎とさき」が上演されました。

ご存知の方も多いと思いますが、さき役の室井滋さんは、滑川市出身です。

今回の魚津での上演は、魚津高校生時代以来ということです

絵本

 

室井滋さんのファンの方が会場にて絵本を買ってきてくださいました。

文は室井滋さん、絵は長谷川義史さん、監修は熊谷崇先生です。

温かな絵とストーリーで、ミュータンス菌と唾液の役割など、予防歯科の大切さを子どもにもわかりやすく伝えています。

待合室においてありますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

魚高新聞

2015/01/17

ほんごう歯科診療室、高島佐恵子です。

 

昨年、魚津高校新聞部の方がほんごう歯科診療室に取材に来られました。

糖の口腔内環境に与える影響についてお話させていただき、魚高新聞の記事にしていただきました。

その魚高新聞のボリュームと完成度の高さに私も驚いていたのですが、、、

 

県高校新聞コンクールにて、最優秀賞に選ばれたそうです。

 

丹念に取材していることや、レイアウトにも工夫を凝らしている点が高く評価されたとのこと。

魚津高校新聞部のみなさん、おめでとうございます

DCIM0070

2015年

2015/01/06

あけましておめでとうございます。

ほんごう歯科診療室 高島です。

年始は、1月5日より、診療しております。

本年も、安心して通院していただける医院であるように、努力していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

舌のポジション

2014/12/12

 

ほんごう歯科診療室、高島佐恵子です。

 

先日、言語指導をされていた先生と話をする機会がありました。

正しく発音できない子どもの指導をする際、正しい舌の使い方を練習します。

 

当院でも、舌の使い方を練習していただくことがありますが、共通している内容ばかりでした。(使用している教材も全く同じものもありました。)

 

私たちは、MFT=Myofunctional Therapy(口腔筋機能療法)とよんでいますが、このMFTは歯科だけでなく、言葉の指導する先生方や、ヨガの先生なども勉強されています。

MFT2

<MFTの基本、舌のポジションについて>

安静時、舌の先端は図のスポットに位置します。唇は軽く閉じます。

食べものや、唾を飲み込む際にも、舌の先端はスポットにつけ、舌の付け根(舌の奥の方)を挙上させます。

 

普段の舌のポジションを意識してみて、もし、舌が下にあったり、前にある場合は、このスポットの位置を意識してみてください。

 

久しぶりになりました。

2014/11/20

ほんごう歯科診療室 高島佐恵子です。

久しぶりのブログとなりました。

忙しさにかまけて、なかなか更新せずにいました。

 

さて、今日は、鼻呼吸について少しお伝えしたいと思います。

鼻呼吸の大切さはご存じの方も多いと思います。子供の頃から、「口を閉じて鼻で息をしなさい」

と言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、なぜ鼻呼吸がよいのでしょうか?

①健康面

私たち人間には、副鼻腔という優れた空気清浄器が備わっています。副鼻腔によって、菌が排除され、空気は加湿されます。

なので、細菌やウィルスに感染しにくくなります。

また、口呼吸の場合、お口の中が乾燥するので、むし歯、歯周病にもなりやすくなります。

②機能面

鼻呼吸をしている方と口呼吸をしている方と比較すると、鼻呼吸をしている方の方が姿勢はよくなります。

姿勢が良ければ鼻で呼吸しやすくなりますし、鼻呼吸をできている人は姿勢もよくなります。

 

もし、まわりにいつもお口が開いている方がおられましたら、ぜひ教えてあげてください

 

 

 

 

 

 

 

1 / 3123